『KOL』『KOC』って何ですか? フォロワー数に惑わされないインフルエンサーマーケティング

『KOL』『KOC』って何ですか? フォロワー数に惑わされないインフルエンサーマーケティング

トレンド

フォロワー数は、インフルエンサーマーケティングやSNSマーケティングにおいて重要な指標として考えられています。しかしながら、過去の記事(インフルエンサーマーケティングの注意点! ~フォロワー数の水増し問題~)でも解説した通り、フォロワー数にこだわると効果的なマーケティング活動につながらないケースも出てきます。中国で話題のインフルエンサーマーケティング用語『KOL』『KOC』を理解し、今後のマーケティング活動に取り入れてはいかがでしょうか。

こちらもオススメ

『KOL』と『KOC』

『KOL』と『KOC』は、中国におけるインフルエンサーマーケティング用語です。一昔前は、『KOL』中心のマーケティング活動が盛んでしたが、最近では『KOC』にも注目が集まっています。

KOLとは?

『KOL』とはKey Opinion Leader(キーオピニオンリーダー)の接頭語で、特定の分野において専門的な知識を持ち、特定のコミュニティに対して強い影響力を持っている人物です。『KOL』も芸能人同様フォロワー数は多い傾向にありますが、フォロワーの層が異なります。SNSユーザが誰でも知っている芸能人やトップアーティストは、ジャンルを問わず幅広い層のフォロワーに支持されています。『KOL』は誰にでも知られているような存在ではなく、特定の専門分野に関心があるフォロワーに支持されています。

KOCとは?

『KOC』とはKey Opinion Consumer(キーオピニオンコンシューマー)の接頭語で、特にレビューサイトで影響力を持つ人物です。フォロワー数は、『KOL』 と比較して少ない傾向にありますが、消費者視点で商品・サービスを使い込み、その特性を的確なメッセージで広め、購買意欲を掻き立てる役割を果たします。

『KOL』と『KOC』の使い分け

フォロワー数の多い『KOL』は、商品・サービスコンセプトを多くのユーザにリーチしたい場合に使うケースが多いです。芸能人やトップアーティストを起用した場合でも多くのユーザにリーチすることは可能ですが、『KOL』を起用することでよりターゲットを絞ることができます。『KOC』は、商品の購買やサービス利用を促進するため、商品・サービスの特性や使い勝手をわかりやすい言葉でユーザに届けたい場合に起用するケースが多くなります。コストは一般的に『KOL』>『KOC』となるため、予算と合わせて検討し、マーケティング活動に取り入れましょう。

まとめ

フォロワー数の多い『KOC』を起用すると多くのユーザにリーチすることができますが、商品やサービスのターゲットユーザが明確である場合、その分野に特化した『KOC』を複数起用することで的確なメッセージをターゲットユーザに届け、購買意欲を掻き立てることも可能です。中国では日本よりもインフルエンサーマーケティングが進んでおり、『KOC』や『KOL』以外にも様々なマーケティング用語が存在します。日本のマーケティングトレンドを先読みできる可能も出てくるため、海外トレンドにも興味を持ってみてはいかがでしょうか。

こちらもオススメ