E-A-Tのこと知っていますか? メディア担当者が理解したいWeb用語

トレンド

E-A-Tという言葉をご存じでしょうか? E-A-Tは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取った言葉でGoogleの検索品質評価ガイドラインでも解説されている用語です。E-A-Tは、YMYL(Your Money or Your Life)とセットで考慮すべき内容ですのでチェックしましょう。

こちらもオススメ

E-A-Tとは? YMYLとの関係性

冒頭でも触れたようにE-A-T自体は、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取った言葉でGoogleの検索品質評価の考え方の一つです。

リンク:Googleの検索品質評価ガイドライン(英語版)

制作するWebコンテンツが、E-A-T要素の高いものであるとWebサイト自体の信頼性も向上し、Googleから信頼されることになり検索順位の向上も期待できます。E-A-Tは、全てのWebコンテンツで考慮すべき内容ですが特にYMYL分野のコンテンツでは重要と考えられています。

YMYL:人生を左右する影響を与えかねないお金・健康・政治などに関するコンテンツ分野

YMYLのコンテンツを制作する際には、特にE-A-Tを考慮しなければなりません。誤った情報を提供していると判断されればExpertiseの要素が、身元不明の運営者や企業名を正確に公表していない運営元がWebコンテンツを提供している場合はTrustworthinessの要素が低評価になってしまいます。

E-A-T各項目のポイント

実際どのような点に気を付けてコンテンツを制作すればよいかをまとめてみます。

Expertise(専門性)

特定の分野に特化したWebサイトは高い評価を受ける可能性があります。ニュース系サイトの場合、スポーツニュースなのか、経済ニュースなのかジャンルを絞ることで一般的なニュースサイトよりも専門性があるとみなされます。最近だとスポーツニュースサイトも増えてきたので、さらに特化して、ウインタースポーツに特化するなどより専門性を高める方法もあります。また、Webサイトの特性だけでなく、そこで配信するコンテンツも重要です。コンテンツ制作に関わった人(ライター)の情報は、スポーツに詳しい人間かどうかも評価の対象になります。

チェックポイント

  • 提供するサイト・コンテンツのジャンルは専門的であるか?
  • コンテンツは事実確認され、ボリューム・表現の豊かさなど信頼できる内容か?
  • コンテンツ作成者は、そのジャンルに精通した信頼できる人間か?

Authoritativeness(権威性)

権威性が重要なWebコンテンツ分野として健康・医療が挙げられます。例えば医療情報は、特に間違いが許されない分野ですので、上述の専門性と併せて経験(運用歴)や被リンクの質・数なども評価の対象になります。誰もが知っている医療機関のWebサイトでそこに所属する医療従事者が発信する情報は、権威性の面からも高評価となります。運用歴や被リンクの質・数に関する評価は、サイト立ち上げ時に低評価になる可能性が高く、健康レシピなどもYMYLに含まれると判断される可能性があるため、新規Webサイトを検討する際は十分注意しましょう。

チェックポイント

  • コンテンツの量(本数)が充実しているか?
  • Webサイトの運用歴が長く、更新頻度が少なすぎないか?
  • 被リンクの質が高く、数も多いか?

Trustworthiness(信頼性)

最後に信頼性です。Webサイトの運営元が十分に信頼できるのかが非常に重要です。信頼できるライターが、記事を制作しても、発信元のWebサイト運営者が信頼できない企業や個人である場合は、低評価となります。ライターの信頼性と運営元の信頼性をセットで考えましょう。特に新規事業の一環として、Webメディアを立ち上げる場合は注意が必要です。健康や食品を主力事業としない企業が、健康に関するメディアを立ち上げると十分な信頼性を得られない可能性があります。有名なライター陣をそろえたとしても、評価を上げるまでに時間を要してしまいます。

チェックポイント

  • 運営元の情報は明記されているか? 説明は十分か?
  • 運営元のイメージと提供するWebサイトのイメージは合っているか?

まとめ:基本はユーザ満足度の向上

制作するWebコンテンツが、E-A-T要素の高いものであるとWebサイト自体の信頼性も向上し、Googleから信頼されることになり検索順位の向上も期待できます。E-A-TはGoogleの品質評価指標の一つですが、Webサイト・コンテンツの基本である「来訪ユーザに満足していただくこと」を忘れてはいけません。Webサイト・コンテンツの内容を充実させることが、E-A-T要素を高める近道です。

こちらもオススメ