Googleアルゴリズム変更で順位が大変動? 何事にも揺らがないWebサイト運営に必要な考え方

トレンド

Googleの検索結果の上位に表示させるために、Webサイトの運営者は悪戦苦闘しています。検索結果を左右するのがGoogleアルゴリズムと呼ばれる仕組みです。GoogleアルゴリズムにはGoogleの運営姿勢が反映されており、各種指標を細かく組み合わせることで、ユーザ本位の検索結果を提供できるようにしています。そうした意味では、Googleアルゴリズムの在り方こそが「Webサイト作りの根幹となる考え方」といえるでしょう。今回は、Googleアルゴリズムの基礎知識と目的について解説します。

Googleアルゴリズムとは?

Google検索では、「表示順位を決定するプログラム」に従って検索結果が一覧表示されます。このプログラムに採用されているルールのことを「Googleアルゴリズム」と呼びます。

検索窓にキーワードを入力すると、膨大な数にのぼる指標の組み合わせに基づき、検索順位が決定されます。Googleでは、このアルゴリズムを改善することで、より「ユーザが求める検索結果」に近づけようと努力しています。

SEOに多大な影響を及ぼすGoogleアルゴリズムの仕組みと重要性

ユーザの流入に大きな影響を与える検索順位は、Googleアルゴリズムによって自動決定されます。Googleアルゴリズムは、「ユーザファーストの姿勢」、「ユーザの利便性の追求」という考えに基づいて設計されており、その指標となる項目は、コンテンツの内容、リンクの数・質、ドメイン情報など、200以上もあるといわれています。また、年に数百回もアルゴリズムの見直しが行われるため、その仕組みはとても解明できるものではありません。

Googleのアルゴリズムは、単に「ページ内に含まれるキーワードの数」だけを評価するのではなく、選択の適切さ、位置など、詳細にわたって判定を行うことで、ユーザにとって本当に価値あるWebサイトを提供するための重要な役割を果たしています。

Googleアルゴリズムから適切な評価を受けるには、表面的な条件に固執しないことが大切です。ユーザにとって「有益なコンテンツ」になることを意識してサイトを制作し、「クロール最適化」と「インデックス最適化」をこまめに行う、といった基本的なSEOを徹底するしか有効な手だてはありません。

Googleアルゴリズムの改善フローは?

Googleアルゴリズムは、随時、改善が行われています。最近の例では、2019年3月12日に「コアアルゴリズムのアップデート」を実施したとGoogleが公式発表しています。これまでも大規模なアルゴリズムの変更が行われたあとは、数日間にわたって順位の大変動が観測されています。

コアアルゴリズムのアップデートが実施されると、検索アルゴリズムの基礎となる部分が見直されます。これに伴って大規模なインデックス削除や再インデックス化が行われます。従来と同じ順位を維持するためには、インデックスの確認を行い、再登録の必要性を検討しなければなりません。

Googleが掲げている目標は?

Googleアルゴリズムは、良質なサイトを上位に表示し、ユーザビリティを高めることを目標としています。検索の意図を正しく理解し、ユーザのニーズと一致させるのがGoogle検索の基本的な姿勢です。

検索結果の上位に表示されるサイトの傾向を見ると、運営歴や専門性、検索クエリとの関連性が感じられます。Googleに好まれる良質なサイトとは、Googleアルゴリズムによって高い評価を受けているサイトです。そうなるためには、「ユーザの検索意図」、「ユーザビリティ」、「クローラビリティ」、「被リンク」について考慮しつつ、ユーザが読みたいと思えるコンテンツを増やしていかなければなりません。

ページ数を稼ぐためにジャンクな情報を詰め込んだり、意味なくキーワードをちりばめたりしても、アルゴリズムにはじかれるだけです。「信頼できるサイト」であるためには、Googleの目指すところを理解し、専門性の高いサイトコンテンツと、それに合った適切なキーワードの設定を要(かなめ)としたSEOが求められます。

まとめ:サイトの本質を表すGoogleアルゴリズム

Googleアルゴリズムがアップデートされるたびに、Webサイト運営者から嘆きの声が上がります。検索結果の上位表示を獲得すべく、日々、努力と工夫を重ねている身からすれば無理もありません。一方で、Googleアルゴリズムが変更されるたびに、例えば広告表示ばかりのサイトが沈んだり、長期に安定して運営されているサイトが浮上したりと、ユーザにとって好ましい現象が起こります。Googleアルゴリズムが評価しているのは、サイトの本質にほかなりません。小手先のSEOばかりに目を奪われず、ユーザにとって価値のあるWebサイトを目指すことが、Googleアルゴリズムに最も効果的な対策といえるかもしれません。

おすすめの記事:検索結果に表示されない悪夢? Googleペナルティの原因と対策を徹底解説!