相互リンクは量より質を重視! Webサイトの価値を高めるための注意点とは?

ハウツー

かつては、「被リンク数が多いWebサイトほど検索結果に与える影響が大きい」という時代がありました。しかし、最近はコンテンツ内容を重視する傾向があり、被リンクについての考え方も変わってきています。Webサイトの評価を向上させる相互リンクのあり方とはどのようなものなのでしょうか? 相互リンクによって得られるメリットには何があるのでしょうか? 相互リンクを行う際の注意点や役立つツールの紹介など、SEOの観点からの相互リンクについて解説します。

相互リンクとは

相互リンクとは、2つの異なるWebサイト同士が互いにリンクを張ることを指します。これにより、関連性のあるサイト同士で、相互的にユーザのアクセスを促す効果が得られます。単独のWebサイトだけで集客を行うのは効率的とはいえません。ユーザの興味に合わせて、似たようなコンテンツを持つWebサイト同士がつながることで、互いにアクセスアップを図ることができます。相互リンクが張られたWebサイトは「持ちつ持たれつの関係」が構築されるともいえます。

相互リンクのメリット・デメリット

では、相互リンクのメリット・デメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。具体的に紹介します。

相互リンクのメリット

相互リンクのメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

  • Webサイト評価をお互いに高められる
  • ユーザアクセスの回遊性を高められる
  • ガイドラインに則した相互リンクはSEOの効果がある

優良Webサイト同士の相互リンクは、ユーザの満足度が向上し、それぞれのWebサイトの評価を高められる効果が期待できます。有益なリンクが張られたWebサイトは、Webサイト間の行き来が活発化し、ユーザアクセスの回遊性が向上します。コンテンツ内容の関連性が深く、ガイドラインに即した相互リンクは、ユーザの利便性に寄与し、またSEOの効果も得られます。

相互リンクのデメリット

一方で、相互リンクを行うデメリットもあります。かつては、「被リンクが多いサイトほどページランクが高く表示される」という時代がありました。しかし、現在のGoogleは、ランキング操作のみを目的とした相互リンクをペナルティの対象とみなす場合もあるようです。「相互リンク募集サイト」や「自動相互リンクサイト」を利用した、コンテンツに内容の関連性が見られない大量のリンクは、不正なリンクとして手動対策の対象になるおそれがあります。

また、質の悪いサイトからの被リンクは、ユーザからの評価が下がるなど自社Webサイトに悪影響を及ぼす可能性も考えられます。

相互リンクを利用する前に留意しておくべき点

内容が適切であれば、相互リンクはサイトにとってもユーザにとっても有益なものになります。Webサイトの高評価につながる相互リンクを行うには、次のような点に留意しておく必要があります。

  • コンテンツやテーマが共通しているサイトとのみ相互リンクを行う
  • 検索エンジンから認識されている「インデックス」サイトを選ぶ
  • 相手サイトの「発リンク数」が適正であることを確認する

閲覧するユーザの興味を持続できるような、内容的に違和感のないWebサイトであれば、相互リンクの価値は高くなります。「検索エンジンにインデックスされている」というのは、Webサイトとしてきちんと認識されていることを表します。良質なリンクを持つサイトは、ページランクにおいても評価が高く、そうしたWebサイトと相互リンクができれば自サイトの評価向上が期待できます。

その一方で、「発リンク数」の多いページは、単なる「リンク集ページ」として認識される場合があり、相互リンクをしても良い影響を得られません。悪質なページと相互リンクしないように、事前の確認が必要です。

相互リンクのツール紹介

続いては、相互リンクを行う際に役立つツールを紹介します。

とりもち」(京セラコミュニケーションシステム株式会社)-関連性の高いWebサイトと相互リンクを自動生成

「とりもち」はクラウド型のコンテンツマッチングサービスです。Webサイトでユーザが閲覧している記事や商品などのコンテンツを解析し、信頼されたWebサイトにおける類似性の高いコンテンツのリンクを自動生成します。「とりもち」の導入により、信頼されたWebサイト間の相互リンクが最適化され、PV数や回遊性の向上を期待できます。

まとめ:正しい相互リンクでSEO効果をねらう

相互リンクを活用すると、Webサイトをボリュームアップすることができ、検索エンジンからの評価向上が期待できます。その一方で、単なる「かさ増し」の相互リンクは、不正なリンクとしてGoogleからペナルティを受けるおそれがあります。危険を回避するには、正しい相手を選んで相互リンクを行うことが大切です。便利で信頼性の高い相互リンクツールを活用すると同時に、必ずリンク情報を確認し、質の高い相互リンクを実現させていく必要があります。