サイトの価値を高める!回遊率・直帰率の改善ポイント

ハウツー

広告やプロモーション活動によりサイトの集客力をアップしたのに、直帰率が高く、ユーザがすぐにWebサイトから離脱してしまうようでは、せっかくの努力が無駄になってしまいます。「Webサイトがあまり閲覧されていない……」と感じたときは、サイトの回遊率や直帰率をチェックしてみましょう。大きな改善ポイントが見つかるかもしれません。

まずは直帰率、回遊率の定義をチェック

「直帰」とは、閲覧者が最初にWebサイトを訪れたページ(ランディングページ)から同サイト内にある他のページに移動することなく、そのままWebサイトを離れてしまった状態のことを指します。その割合を示す、直帰率は、「直帰数÷訪問数(セッション数)」で算出することができます。

これに対して、回遊率は「各ユーザがWebサイト内をどれだけ見て回ったか?」を示す指標となります。ランディングページを見た後に、「どれくらい他のページも見て回ったか?」を把握する指標ともいえます。数値で示す場合は、1訪問あたりのページビュー数(PV/1訪問)が回遊率になります。

通常、「回遊率が高く、直帰率が低い」のがWebサイトとして望ましい状態になります。というのも、ページビュー(PV)数が増えれば、それだけ最終的な成果に到達しやすくなるからです。

直帰率、回遊率の確認方法

Webサイトの直帰率を確認する方法としては、Googleアナリティクスを利用することが一般的です。サイト全体の直帰率は、メニューの「ユーザー」-「概要」-「直帰率」に表示される数値が該当します。また、サイト全体の回遊率は、「ユーザー」-「概要」-「ページ/セッション」に表示される数値が該当します。

ページ単体の直帰率が知りたい場合は、Googleアナリティクスのメニューから「行動」-「サイトコンテンツ」-「すべてのページ」のページを開いて、確認したいページのURLを選択し、そこに表示されている「直帰率」を確認します。 ページ単体の回遊率は計測できませんが、この「すべてのページ」にある直帰率の数字が下がれば下がるほど、回遊率が向上したことになります。

どうやって直帰率、回遊率を改善する?

直帰率、回遊率があまり芳しくない場合、以下の3点について確認し、改善の余地があるかを検討してみる必要があります。

1.目的のページがすぐに見つからない

サイトにたどり着いたときの「訴求」と「ファーストビュー」(閲覧者が最初に目にする部分)の内容がマッチしているかを、閲覧者の立場になって確認してみましょう。これができていないと直帰率が高くなる傾向があります。

2.何がどこにあるのか分かりづらいデザイン

「次にどのページへ移動すべきか?」「どのページに欲しい情報が掲載されているのか?」を直感的に、すぐに把握できることも重要なポイントです。「TOPに戻る」「次へ」「前のページに戻る」などのナビゲーションが用意されているかも、Webサイトの使いやすさを大きく左右します。ECサイトでは、ボタンやアイコンの数が多すぎる(選択肢が多すぎる)パターンがよく見受けられます。このような場合、ユーザの目線からサイトのレイアウトやデザインを再検討してみる必要があります。

3.常にパソコンのブラウザから見ているとは限らない

デジタルデバイスの普及率を鑑みると、パソコン以外のデバイスから閲覧されるケースが多いことも念頭に入れておかなければいけません。スマートフォンやタブレットでWebサイトを閲覧したときに、レイアウトが崩れていたり、ボタンの位置が分かりにくくなっていたりするケースもあります。Webサイトが見づらいと感じたユーザは、すぐにサイトから離脱してしまいます。

回遊率・直帰率を改善するとサイトパフォーマンスは向上する

Webサイトにたどり着いたユーザに、「さらに見てもらう」「試してもらう」「買ってもらう」といった行動を促すのは意外と難しいものです。どのデバイスからでも見やすく、誰が見ても分かりやすいサイトを作り、多くのコンバージョン(結果)を生み出せるように、Webサイトのデザインや機能性を工夫していくことがとても重要です。

続きの記事:回遊率・直帰率を少しでも改善したい! コーポレートサイトにおけるチェックポイント